業務内容や沿革、その他!


1986年にプロスマンレーシングという屋号にて営業開始。

 

当初はバイクの新車、中古車の販売修理。レースへの参加。レース部品、

一般用バイク部品(主にマフラー)の製作販売が主体の業務内容。

 

その後、鈴鹿サーキット交通教育センター様よりライダー訓練に使用している

バイクの転倒による破損や、ライダーの怪我を少しでも軽減したいので

いわゆるバンパー(セフティガード)を製作してほしい。強度を最優先でという

要望のもと、ガードの製作を始める事になり、バイクがニュータイプに変わる度に

依頼を受け、徐々にガード製作が主な業務となる。

 

その後、鈴鹿サーキットとツインリンクモテギにある遊園地の乗り物関連の部分的な

製作も依頼される運びとなり、(鈴鹿サーキットの設計部門より設計図をいただき

その通りに製作するだけで、当方では設計はしておりません)現在の主な業務と

なっております。

 

屋号に関しましては、商品代をお振込みいただく場合に、振込先の名義がモデスティとなって

おりますように、モデスティ&プロスマンレーシングとも名乗っております。

(法人ではないため、屋号は比較的自由なため)

 

企業様向けはモデスティ。個人や販売店様向けはプロスマンとさせていただいております。

一時期、経営や製作する商品が2つに分かれていた時期があり、現在は統一したものの

事務的な事柄の変更など色々とややこしいためこのようにさせていただいております。

 

ガード等の小物部品は、このホームページに記載している住所にて製作し、かなり大きなものは

2015年より別の工場で製作する運びとなります。

 

時折、お問合わせいただくOEM生産(他社ブランドの下請け製作)は人員や仕事の立て込み具合

等の都合上、お断りさせていただいております。

 

欠品中の商品に関し、「次はいつ頃入荷しますか」という問合せをいただく事がありますが、

よそからの仕入れ商品ではなく、すべて当店にて製作しております。そのため何らかの不具合や

不都合が生じた場合、素早く対応させていただきます。(材料はすべて日本の規格品を使用しております)

 

 

業者様にも卸し販売をいたしておりますので、お気軽にお問合わせください。